慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > ご飯で摂取し立たんぱく質は、体内でエネ
ページの先頭へ

ご飯で摂取し立たんぱく質は、体内でエ

ご飯で摂取し立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。
たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に持たらす負担が増加します。



腎機能を正常に保つために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。

しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、不足しないように補給する必要があります。


水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業を行なう事で、カリウムは減らしていけます。

腎臓病を発症した方の行なうご飯療法の趣意は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康体のキープとされます。

透析導入前の保存期の方であれば、ご飯療法によって腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析導入を遅らせることができます。実際に透析が必要となってからも、体調を維持しながら透析に当たるために、ご飯療法は非常に重要な治療法です。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものと言えど思った以上に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。
例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質が含まれている訳です。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に届いて分離が行なわれた末に他の老廃物共々、尿中に排出されます。
クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。

そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。

筋肉の量が低下すれば、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。その他で言うと、妊娠時には、尿と一緒に出されるクレアチニン量が増加するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。


浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分に加えて水分の調整も必要になります。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品自体がもつ全ての水分と考えます。
浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の制限のみ行なう事となります。
こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量をもとに医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)が決定します。



脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自身のみの判断で制限を行なうのは宜しくありません。

腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て本来通り血流が成されずに、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。加えて尿と供に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に居座りつづけるようになります。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く惧れがあります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しいご飯療法の元一定量を摂り続ける必要があります。腎臓病を患う方におすすめしたい、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。
このような商品を的確に用いる事が無理のないご飯管理につながります。

腎臓の機能が低下するにつれ、より厳しくご飯を管理しないとならない状況に陥ります。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー量にも制限が生じます。

独断でご飯プランを立てずに、専門の知識を有する栄養士や医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の指導の元メニューを決めるようにしましょう。

Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.