慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多
ページの先頭へ

お肉・お魚・たまご・豆腐について

お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるため気をつけるようにしてください。

甘い食べ物の場合でも意外な事に多くのたんぱく質が入っていたりします。


オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。
例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個と同量くらいのたんぱく質が含有されています。


浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分に加えて水分の調整も必要になります。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品にふくまれる水分量も含めます。
浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の制限のみで済みます。水分量の制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。



脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自分勝手な制限はしてはいけません。

クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。



クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。



筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。


その他で言うと、妊娠時には、尿といっしょに出されるクレアチニンの量が高まるため、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。
腎臓病を患っていてもご飯療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。

老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。そうとう上手にいった場合、腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせられたりするのです。



ご飯療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。
ご飯療法は、患者自身が自ら積極的に実行できる一番の治療行為です。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので血流が悪くなり、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。

加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に増えてきます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しいご飯療法の元一定量を常にキープする事が入り用なのです。

体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。

糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があるでしょう。



健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30〜40gとなります。
カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。


数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。
ご飯を元にして得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。


血液は腎臓でろ過され、残った老廃物は尿といっしょに体外へ出されます。



過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。

腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があるでしょう。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにしてください。

Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.