慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれてお
ページの先頭へ

肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く

肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く含まれています。



お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質が入っています。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿中に排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。

筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。
加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が高まるため、クレアチニン値が低くなります。
腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になります。


透析が必要無い保存期の間は、食事療法によって腎不全が進行しないように出来るでしょうし、結果的に透析を開始する時期を遅く出来るでしょう。


また、透析導入後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は必要不可欠です。食事をして摂り入れ立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。
血液は腎臓でろ過され、無駄な老廃物は尿を出す際に供に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。

腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があるでしょう。
とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、全く摂らないワケにはいけません。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。

小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。
浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。
こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品に含まれる水分量も含めます。


浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合制限が必要になるのは塩分のみです。



この場合の水分制限は病気の状態や尿量により医師が判断します。

脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、増加する事態になります。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量摂りつづける必要があるでしょう。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。


老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。

食事療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。
Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.