慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て普段通り
ページの先頭へ

腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て普段通

腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て普段通りに血液が通わなくなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。

重ねて尿といっしょに除外されるような老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)まで、体内に増えてきます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。故に的確なご飯療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを常にキープする事が入り用なのです。腎臓病の人のために低タンパク質で済む特定な食品が製造されています。こうした製品を上手に活用する事で徹底したご飯管理を行なえます。



腎臓機能が悪化すれば、今以上に考えてご飯を管理しないとならない状況に陥ります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限ももとめられます。



個人の見解で判断するのではなく、きちんとした知識をもつ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。

腎臓病を発症した方の行うご飯療法の趣意は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、健康体のキープとされます。透析導入前の保存期の方であれば、ご飯療法をもとに腎不全が進行しないようにできるでしょうし、透析導入を遅らせることができるでしょう。また、透析導入後も、体調を維持しながら透析に当たるために、ご飯療法は必要不可欠です。

カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できるでしょう。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きちんと搾る事で効果は高まります。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質をもとに造られる老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)であり、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ除去される成分です。
クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。

お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のタンパク質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものと言えど思った以上に多くのタンパク質が入っていたりします。

オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、タンパク質の過剰摂取になります。
例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のタンパク質が入っています。



浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。

この場合 飲み水だけではなく、食品中における全水分が相当します。



浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限が必要になるのは塩分のみです。



こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量をもとに医師が決定します。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。



腎臓病に罹ってもご飯療法を厳守すれば、余分な毒素(一般的には、食品添加物やヒ素、鉛などの有害なミネラルを指すことが多いでしょう)や老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)を追い出しやすい体質に変わります。

老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の悪化のペースを遅くできるでしょう。

沿うとう上手にいった場合、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるケースもあったりします。
ご飯療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。



ご飯療法については、患者が自ら自発的に手掛けられる最善の治療方法なのです。

Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.