慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 食事をして摂り入れ立たんぱく質(
ページの先頭へ

食事をして摂り入れ立たんぱく質(生物

食事をして摂り入れ立たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)が形成され血液中に残ります。

血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)は尿として体外に追い出されます。

たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)を摂りすぎると、老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)が多くなって、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。

正常な腎機能であるために、無用なたんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、健康体のキープとされます。



透析の要らない保存期のうちは、食事療法をもとに腎不全への進行を遅らせることができ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。また、透析導入後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は大きな意味を持ちます。

体の3大栄養素として糖質(とり過ぎには注意が必要ですが、不足すると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまいます)・たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)・脂質が挙げられます。糖質(とり過ぎには注意が必要ですが、不足すると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまいます)と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)の場合分離されれば7〜8割は窒素を伴った老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)に変わるため、排泄の際に腎臓に負担を与えてしまいます。そのため、たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)の制限が必要となります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)摂取量は体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)1kg換算0.6g/日であり、一日換算で約30g〜40gです。

クレアチニンは筋肉中に存在している物質から造り出される老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)で、腎臓内で分解された末尿と伴に体外へ出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。
故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようになります。筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が多くなるために、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)が多くふくまれており、食べ過ぎてしまう食品でもありますので注意が必要です。

甘い食べ物に関しても案外たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)が多く入っているのです。

おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)をとりすぎてしまう可能性があります。



例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)の約五分の一を占めているといわれています)が内包されています。

浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分以外に水分の制限も付随してきます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品にふくまれる水分量も含めます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の制限のみで済みます。
こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので独断で制限を行なう事は危険です。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。

茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。

ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。



小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病でも食事療法が適切の場合には、からだの中に老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)(毒素)がたまりません。老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるでしょう。非常に上手にいくと、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられたりするのです。



食事療法はむずかしいと思われがちですが、決して制限の内容がむずかしいと言う事ではありません。

食事療法に関しては、患者が自ら自発的に手掛けられる最善の治療方法です。
Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.