慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 腎臓病を患う方にお薦めしたい、低たんぱ
ページの先頭へ

腎臓病を患う方にお薦めしたい、低たんぱく質

腎臓病を患う方にお薦めしたい、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。



このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓機能が落ち込む程に、より厳しく食事を調整する必要が出てきます。
加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー量にも制限が生じます。食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。腎臓病では 糸球体がおかされるために本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に居座りつづけるようになります。

こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。なのでしっかりと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量維持することが必要となります。
浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分に加えて水分の調整も必要になります。


このような場合、飲み水だけにあらず、食品中における全水分が相当します。
浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみで済みます。

この場合の水分制限は病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。



脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので独断で制限を行う事は危険です。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。


クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。
なので、通常男性の方が高めの数値なっているのです。

筋肉が衰えてくると、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。


老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になるのです。優れた効き目が出た際には、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせることが出来る場合もあります。


食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。
食事療法は、患者自身が自ら積極的に実行できる一番の治療行為です。
体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。

糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担を与えてしまいます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30〜40gとなります。



食事を基にして得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。
血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。
たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。
腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。

とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、全く摂らない所以にはいけません。



お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子には小豆や牛乳(たまに腰に手を当てて飲む人がいますよね。


お酒を飲む前に飲んでおくと、悪酔いしないともいわれています)・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が含まれている所以です。
Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.