慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 腎臓病でも食事療法が適切であれば、体内に邪魔な
ページの先頭へ

腎臓病でも食事療法が適切であれば、体内に

腎臓病でも食事療法が適切であれば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。

老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事が可能になるのです。非常に上手にいくと、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられたりするのです。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。


食事療法については、患者が自ら積極性を持って取り組める最善の手法になります。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので普段通りに血液が通わなくなり、水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)やナトリウムが体内に溜まり易い状態になります。


同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内で増加し始めます。

その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。
そのため食事療法では、適正な塩分・水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)・蛋白質・エネルギー量を体内に供給しつづける事がもとめられます。
食事によって獲得したたんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓中で分解されて、無駄な老廃物は尿を出す際に共に排出されます。たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。

また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に持たらす負担が増加します。腎機能を損なわないためにも、無用なたんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)は摂らない方がいいのです。とは言え、たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)は人間の体にとって大事な栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)であるため、全く摂らないわけにはいけません。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。
茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食品の分類や調理を実行する際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。

ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。

人体におけるいわゆる3大栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)が糖質・たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。
また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。


また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)については分解する事で7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。

また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)の制限が必要となります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)の量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で言えば30〜40gに相当します。肉・魚・卵・豆腐については中々のたんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)が含まれていますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。

甘いものには意外に多量のたんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。

また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)が入っています。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)をとりすぎてしまう可能性があります。
例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)が含まれます。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。
また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)の控えめな調整食が存在します。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。


腎臓の機能が低下するにつれ、現状以上に細かに食事を制限しないといけません。

また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手に食事内容を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにした方がいいでしょう。
浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分に加えて水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)の調整も必要になります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中における全水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が相当します。



浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分制限だけになります。

水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)量の制限については病状や尿量から医師が特定します。
脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので自身のみの判断で制限をおこなうのは宜しくありません。
Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.