慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのた
ページの先頭へ

肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたん

肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く含まれています。


オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。
例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個に近いたんぱく質が含有されています。
腎臓病でも食事療法が適切であれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。非常にうまくいくと、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせられたりするのです。
食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って実行できる一番の治療行為です。

クレアチニンは筋肉中に存在している物質から造り出される老廃物で、腎臓でろ過されたアト尿と一緒に体外へ出されます。
クレアチニンの量は、筋肉や運動量(運動しているからとつい食べ過ぎていると、いつまで経っても痩せません)で変わってきます。
ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。
筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。
加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が飛躍するので、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。腎臓病を発症した方の行なう食事療法の趣意は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。

透析が必要無い保存期の間は、食事療法次第で腎不全への進行を遅らせることができ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。


加えて、透析を始めても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は非常に重要な治療法です。

腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので本来通り血流が成されずに、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。



この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に増えてきます。



このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の原因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招くおそれがあります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを維持することが必要となります。

腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行なえます。

腎臓の機能が低下するにつれ、より厳しく食事を制限しないといけません。

また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も求められます。

個人の見解で判断するのではなく、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。
カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の形状・水の量・処理時間によっても異なります。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。


細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。
浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分以外に水分の制限も付随してきます。
この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品自体が持つすべての水分と考えます。


浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限を設ける項目は塩分だけになります。


制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量をもとに医師が決定します。

脱水は腎臓機能を悪化指せる要因になるので独断で制限を行なう事は危険です。

Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.