慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 食事を元にして得たたんぱく質は、人体の
ページの先頭へ

食事を元にして得たたんぱく質は、人

食事を元にして得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に持たらす負担が増加します。

腎機能を維持する上で、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにしましょう。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。
甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く含まれています。

お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。


例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質が含まれている所以です。


腎臓病を患う方に御勧めしたい、低たんぱくの特殊食品があります。

こう言った食品を適切に摂り入れる事で、その通りでは難しい食事制限が行いやすくなります。


腎臓機能が悪化すれば、今以上に考えて食事を管理する必要があります。
更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限も求められます。



自分で勝手に食事内容を決めずに、きちんとした知識をもつ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。
透析導入前の保存期の方であれば、食事療法によって腎不全への進行を遅らせることができ、透析を始める時期を遅くしていけます。この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は重要視されます。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品内に入っているすべての水分と捉えます。
浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみ行なう事となります。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量を元に医師が決定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので独断で制限を行なう事は危険です。

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。


同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に居座りつづけるようになります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。
そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を摂り続ける必要があります。
クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)量に関わります。

そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が減れば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。



この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が高まるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質があげられるのです。
糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。

なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30〜40gとなります。


Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.