慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るの
ページの先頭へ

腎臓病に罹ると糸球体にダメージが

腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので血流が悪くなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。


重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)まで、体内に加算されていきます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。なのできちんとご飯療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量常にキープする事が入り用なのです。腎臓病を患った方がおこなうご飯療法のポイントは、腎臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法を手掛ける事で腎不全の進行をスローペースにし、透析を始める時期を遅くしていけます。

この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、ご飯療法は大きな意味を持ちます。

腎臓病に罹ってもご飯療法を厳守すれば、体内に老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)や毒素は蓄積されていきません。
老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。
沿うとううまくいった場合、腎臓病の進行が止まっ立と言っていい程遅らせることが出来る場合もあります。
ご飯療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。ご飯療法と言うのは、患者が自主的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。
お肉・お魚・たまご・豆腐についてはいちどに多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものには意外にたんぱく質が多くふくまれているのです。


お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーチャージが目的でもいちどに多量を口にすれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個と同量くらいのたんぱく質が内包されています。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行ないましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られるでしょう。


ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。ご飯をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)になり血液中に留まります。血液は腎臓の内部で分離され、老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)は尿として排泄されます。



たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。



腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。

とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。

人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)に変移するため、排泄のタイミングで多少なりに腎臓に負荷が生じます。
この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。
体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日換算で約30g〜40gです。
浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。


この場合 飲み水だけではなく、食品に含まれる水分量もふくめます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分制限だけになります。制限時の水分量についてはあくまでも現段階での病状や尿量により医師が判断します。
脱水は腎臓機能を悪化指せる要因になるのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。
Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.