慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も
ページの先頭へ

腎臓病(たくさんの種類がありますが、

腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので本来通り血流が成されずに、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。
同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に増えてきます。


こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招くおそれがあります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量維持することが必要となっているのです。

カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。
茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。


浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみおこなう事となっているのです。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量により医師が判断します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)に悩まされる方に向けて、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。


食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。


腎臓機能が下がっていくに従い、今以上に考えて食事を徹底しないとなりません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。
自分で勝手に食事内容を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。

肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く含まれているのです。
オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質が入っています。

腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)を発症した方のおこなう食事療法の趣意は、腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の進行を遅らせることと、良好な体調の存続です。
透析の要らない保存期のうちは、食事療法を試みる事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は大きな意味をもちます。
クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に届いて分離が行なわれた末に尿と合わせて体外へ除去される成分です。
クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。


筋肉の量が低下すれば、クレアチニン量もその分落ちていきます。
また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が多くなるために、本来の値よりクレアチニン量が低下します。食事で摂取したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。
たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に持たらす負担が増加します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適切な量は摂取する必要があります。
Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.