慢性腎臓病の治療と食事

現在あなたが慢性腎臓病で苦しい状態なら、その症状を引き起こす誘因と解決法を理解することからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、慢性腎臓病に伴う苦しみを取り除くことができます。
トップページ > 腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので正常な
ページの先頭へ

腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るの

腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので正常な血流がおこなわれず、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内で増加し始めます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内に供給しつづける事が求められます。

クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に行き分離された後尿とともに体外へ出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。



筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が高まるため、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。


腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。



腎臓の機能が落ちていく程、より厳しく食事を制限しないといけません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も伴います。

自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意してください。


甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く含まれています。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。


例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質が含まれているわけです。

食事で摂取したたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。


血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。



たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓にもたらす負担が増加します。
正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、不足しないように補給する必要があります。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。
老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。非常にうまくいくと、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせる事が可能なのです。



食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。
食事療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。

浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。


この場合 飲み水だけではなく、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみ行なう事となります。

制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量によって医師が判断します。

脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので独断で制限を行なう事は危険です。
カリウムは水に浸透しやすい事から野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、個々の食品や調理を行なう際の処理時間や形状・水量によって違いが出ます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。
マドンナなども実践しているんだとか)が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。

小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。
Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の治療と食事 All rights reserved.